☆世界を巡り、各地で受け取った大切なエッセンスを作品にしてお届けしています。クリスタルワンド・ヒーリングキャンドルなど、クリスタルアイテムを販売中☆

点灯の際の注意

0円(税込)

購入数
*ガラス容器を使用したキャンドルについて*

【キャンドルの注意点】

★キャンドルは、水平で安定した場所で灯して下さい。
★キャンドルを灯すときはその場を離れないでください。耐熱ガラスを使用していますが長時間の点灯はお気を付けください。器も熱くなりますので置く場所にもご注意ください。(敷物もおススメです)就寝前に使用の際には消し忘れにご注意ください。
★炎に直接外の風や冷暖房の風などあたらないようにしてください。カーテンや燃える物のそばで灯さないでください。火事の原因となります。
★糸芯の場合、0.7〜1僂らいに芯を切り火をつけてください。
★木芯の場合、火が安定して燃えない場合があります。
火が点きづらい場合は根元の蝋も一緒に燃焼するように根元から着火をしてください。すぐ消えてしまう場合もそのようにして何度か繰り返してみてください。じきに安定してきます。木芯が蝋を吸い上げやすいように溶けた蝋を爪楊枝などで木芯に着けてあげるようにしてもいいです。
★燃焼時、炎が小さすぎる時は蝋が溜まりすぎているのでティッシュなどで吸い取ってから再度灯してください。黒く炭化した部分が多い場合はさみなどでカットする、冷めてから手で軽く取るなどして再度灯してください。水平になるように形作ると綺麗に燃えていきます。
★時々2時間程燃やしてあげると周りに着いた蝋も一緒に溶かします。淵に残る場合は柔らかい間に爪楊枝や割り箸で周りを削いであげるときれいに燃えていきます。
★燃焼後はキャンドルホルダーとしてお使いいただけます。
燃焼終了後の蝋の付着が気になる場合は、器が温かい内にティッシュなどで拭いて下さい。
その後、ウエットティッシュで拭いてティッシュで再度空拭きしても綺麗になります。
それでも気になる場合は洗剤を少量ペーパータオルに含め拭き熱めのお湯で再度拭きます。
★気温や湿度などで燃え方が変わることもあります。寒暖差によって蝋にヒビが入ることもありますが燃焼に問題はありません。少し手間がかかりますが綺麗に燃焼するようキャンドルに手をかけてあげてください。
★ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを使用しています。
時間の経過とともに色味など変化してきます。自然現象としてお楽しみいただければ幸いです。


*3Dソイキャンドルなどボタニカルキャンドルについて*

【キャンドルの注意点】

★キャンドルは、水平で安定した場所で灯して下さい。
★キャンドルを灯すときはその場を離れないでください。
就寝前に使用の際には消し忘れにご注意ください。
★炎に直接外の風や冷暖房の風などあたらないようにしてください。カーテンや燃える物のそばで灯さないでください。火事の原因となります。
★点灯の際は、芯を0.7cm〜1cm程にカットしてから火をつけてください。
★お花が燃えないよう気を付けて制作していますが、点灯中はその点もお気を付け下さい。
中央部分が燃えるようにはしていますが、燃え方によっては蝋が流れ出す場合もあるので必ず受け皿をご利用ください。(ガラス製や耐熱皿など)
★燃焼時、炎が小さすぎる時は蝋が溜まりすぎているのでティッシュなどで吸い取ってから再度灯してください。炎が大きすぎる場合は芯が黒く炭化した部分が多いのではさみなどでカットしたり冷めてから手で軽く取るなどして再度灯してください。
★燃焼後はキャンドルホルダーとしてお使いいただけます。
一般的なティーライトキャンドルが4cm程なので、
最初に灯した時にプール(蝋たまり)を爪楊枝などで4cm程形作ってあげます。1時間ほど灯した後だと形が作りやすいです。点灯毎に形を作ってあげると綺麗に燃えていきます。
燃え方によっては端に寄ってしまう場合もありますが、ハンドメイドの為ご了承ください。
★気温や湿度などで燃え方が変わることもあります。寒暖差によって蝋にヒビが入ることもありますが燃焼に問題はありません。少し手間がかかりますが綺麗に燃焼するようキャンドルに手をかけてあげてください。
★ドライフラワーやプリザーブドフラワーなどを使用しています。
時間の経過とともに色味など変化してきます。自然現象としてお楽しみいただければ幸いです。